Home>Q&A
 
Q :煙突は必要なの?
A :薪ストーブのような屋根より高い煙突は不要ですが、 FF ストーブ同様に、ストーブ後ろから排気筒パイプを屋外に出して、排気ガス(煙)は外に出しますよ。
  積雪などを考慮して、外に出してから1 .8 mほど立ち上げたり、室内で 1.8 mほど立上げて外に出したりするのが一般的ですが、設置環境的に問題がなければ立上げる必要がなくて、シーズン毎の排気筒の掃除が楽になります。

Q :ペレットってホームセンターで売っているの?
A :全国的にホームセンターでの取扱は珍しいと思います。
 2011 年現在、まだ一県で平均500〜1000世帯ほどのペレットストーブユーザー数なので、小売り販売業が成り立つには、まだまだ需要とコストダウンが必要なのだと感じます。
  またそもそも、製造工場が現地店頭販売というのが最安値であり、皆さんが出向かれる、または配達で直接購入という流通体系となっています。
  されど年々ユーザー数は増え続けていますので、将来的には確実にホームセンター店頭販売がなされるものと信じています。
 詳しくはウェブサイト「森の灯台」にて情報収集しておりますので、御参考にしてください。

Q :今の住まいに設置可能なの?
A :可能です!まず基本的には壁側への設置となります。
 筋交いや間柱を避けて、直径 150 〜 160 の穴を開けさせていただき、直径 110 〜 120 の二重管を貫通させ、隙間に耐熱処置をします。
 6畳ほどの室内となりますと、ストーブの暖房能力が高すぎて心配しますが、10畳ぐらいからの居間もしくはリビングに向いています。
  一般的なペレットストーブの暖房能力が20畳から30畳なので、一般の御家庭のリビングにとても向いているストーブですが、ウッドペレットをたくさん燃やせる教室など向けのストーブも存在します。

Q :耐久年数は?
A :これは車と似ていると考えます。
 冬期はもちろん連続運転が続くものですから、これはレースのごとくで、 3 年毎とか 5 年毎に、点火ヒーター やペレット供給用のモーターなどのパーツ交換が必要なケースがあります。(車検は 2 年毎)
 10 年なんてこのないことももちろんありますが、個人的には点火ヒーターとオーガモーターは平均 3 〜 5 年の寿命と見ています。
  ただそもそもファンにより熱を放出しているストーブなので、薪ストーブのような本体ボディー全体の劣化や歪みというのは軽傷で済みます。
  将来的には確実に低価なストーブが市場に出回りますので、 10 年後のオーバーホール費用と入替費用の差は大きくないのだと想像されます。
  平均 10 年、ぼくのジープは S57 年生まれ!というところですか・・・?
 
ペレットストーブ専門店パイプ屋本舗home
ペレットストーブ専門店パイプ屋本舗about us
ペレットストーブ専門店パイプ屋本舗about stove
ペレットストーブ専門店パイプ屋本舗catalog
ペレットストーブ専門店パイプ屋本舗Q&A
 
 
 
 
 
森の灯台
パイプ屋本舗BOSSのブログ
Copyright(c)  2007- パイプ屋本舗 All Rights Reserved.